2017.08.15 公開
BOOWY デビュー35周年プロジェクト8 /7発売!〜かつてTeenagerだった大人たち、そして大人になるTeenagerたちへ〜 30年越しに届けられた真のロックンロールGIGSのWパッケージ!

BOOWY  画像 1/2

近年「伝説」という言葉が氾濫している。しかし、真の「伝説」とは、そう簡単に復活したり蘇ったりするものではないはずだ。そういう意味で本当に「伝説」と呼べるバンドやユニットは果たしてどのくらいあるだろう。もう二度と観ることは不可能だが、それでも輝きと衝撃が薄れることなく、その軌跡が永遠に消えることもなく音楽シーンに残り続ける。さしあたり「伝説」の定義はそんなところだろう。そして、これらの条件を満たす、誰もが認めざるを得ないバンドもしくはユニットが存在するならば、はじめて「伝説」と呼んでもいいのではないだろうか。前置きが長くなったが、彗星のごとく現れ去っていった「BOOWY」というバンドは、言うまでもなくこれらの条件を満たす数少ないレジェンドだと断言することができる。

 

デビューからたった6年で日本のロックシーンを極め、幻のように消えた「BOOWY」。当時、昭和40年代生まれのいわゆるヨンマルキッズたちは、決して大げさではなく誰もがBOOWYの洗礼を受け、彼らが解散してからも何年もの間、ずっと余韻を引きずって残されたサウンドに耳を傾けていた。

 

氷室京介の圧倒的なカリスマ性に、シンプルに見えて実は誰も真似のできないフレーズを紡ぐ布袋寅泰のギター。何かに憑りつかれたかのようにひたすらベースをはじく松井常松。そして、飄々とした笑顔でとてつもない底力のある重低音を叩き出す高橋まことのドラム。シンプルな4ピースバンドでありながら、足すことも引くこともできない絶対的なバランスとクオリティを持ったバンド、それがBOOWYだった。

 

今年2017年はBOOWYがデビューしてから35年のアニバーサリーイヤーだという。その年月の経過はちょっと信じられないが、それだけの年月が過ぎ去ったのは紛れもない事実だ。しかし、BOOWYのサウンドは軽くこの年月を飛び越えて僕らの耳に飛び込んでくることも、やはり紛れもない事実なのだ。

 

今回発売された『GIGS CASE OF BOOWY at Kobe』『GIGS CASE OF BOOWY at Yokohama』は、日本ロック史に残る2夜限りの特別なGIGだ。1987年7月31日の神戸ポートピア・ワールド記念ホール、そして同年8月7日の横浜文化体育館での2日間に、"BOOWYのレパートリーをすべて演奏する"というコンセプトの元で行われたライブ。4時間にも及ぶそのパフォーマンスは同年10月5日にビデオで計27曲が発表され、昭和最後のTeenagerたちは、その4本のビデオテープを文字通り擦り切れるほど喰らいついて眺めていた。さらに2001年には、同タイトルにてCDアルバム化され、改めてその底力を魅せつけられたにもかかわらず、35周年のこの夏に更なる真の伝説を魅せつけられることになるとは誰が想像できたであろう。

 

この二日間のGIGのすべてのが、そのままパッケージされたリアリズムの極みのような音源が、30年を超える時を経て目の前に届けられた奇跡。その音を再生すると、かつて何度もブラウン管を通して眺めたあのGIGの映像が、まざまざと脳裏に浮かび上がる。氷室のスタイリッシュな登場シーン。そして初期の代表曲『MORAL』のイントロでニヤリと見せる笑顔。心地よいフレーズをそつなく奏でつつ、カメラに向かって何度もサービスショットを提供する布袋寅泰。その反面、カメラなど一切気にせずひたすらリズムを紡ぐことに徹する松井常松。そして優しさと包容力がにじみ出た高橋まことのカメラ目線での愛嬌たっぷりのドラムパフォーマンス。

 

ステージセットの鉄骨の左右両端に氷室と布袋がよじ登る様子など、リマスタリングされたクリアな音源から脳裏に焼き付いた映像が次々と導き出される。「そんなにもあの映像を繰り返し見ていたのか」と思わされるのと同時に、それだけの吸引力があったライブが、かつて存在したことを改めて思い知らされる。

 

そんな貴重なGIGの音源だが、懐かしむだけに留めるにはあまりにも惜しく、当時の時代背景や彼らのスタンスといった理屈をあれこれ語るより、小難しい批評を読み漁るより、とにかくまずはプレイヤーの再生ボタンを押してみてほしい。きっと感じることは同じはずだ。例えそれを耳にしているのが今のTeenagerであろうと、ロックを忘れかけたかつてのTeenagerであろうとも。

 

ここまで書き記してきたことが大げさだと思うなら、文字通り騙されたと思ってこの音源を手に取ってほしい。そして実際耳にした上で、それでも騙されたと思うなら、それはBOOWYが仕掛けた30年越しの罠だ。きっとそのまま騙され続けることはなく、近い将来、真の伝説というものを思い知ったことに感謝する日が間違いなく訪れるのだから。

文:バッキー⭐︎大坂

BOOWY デビュー35周年プロジェクト8 /7発売!〜かつてTeenagerだった大人たち、そして大人になるTeenagerたちへ〜 30年越しに届けられた真のロックンロールGIGSのWパッケージ!BOOWY  画像 2/2

【収録曲目】

DISC 1
01. INTRODUCTION
02. IMAGE DOWN
03. BABY ACTION
04. RATS
05. MORAL
06. GIVE IT TO ME
07. "16"
08. THIS MOMENT
09. わがままジュリエット
10. BAD FEELING
11. LIKE A CHILD
12. OH! MY JULLY PartI
13. WORKING MAN
14. B・BLUE
15. TEENAGE EMOTION
16. LONDON GAME
17. NO.NEW YORK
18. DANCING IN THE PLEASURE LAND 19. ROUGE OF GRAY
20. RUNAWAY TRAIN

DISC 2
01. B・E・L・I・E・V・E
02. CLOUDY HEART
03. INSTANT LOVE
04. FUNNY-BOY
05. MY HONEY
06. LET'S THINK
07. 1994 -LABEL OF COMPLEX-
08. PLASTIC BOMB
09. MARIONETTE
10. RENDEZ-VOUS
11. SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
12. ハイウェイに乗る前に
13. JUSTY
14. ホンキー・トンキー・クレイジー 15. DREAMIN'
16. BEAT SWEET
17. BLUE VACATION
18. ONLY YOU
19. ON MY BEAT

[BOØWY BIOGRAPHY]
1981 年:
5 月、新宿ロフトでライブデビュー(新宿ロフト「暴威 LOFT FIRST LIVE」) その後、新メンバー高橋まことを迎えて新宿ロフトでライブを続けるが動員数は 20 名程であった。
1982 年:
1 月、バンド名を“暴威”から“BOØWY”に変更し、3 月 21 日『MORAL』でビ クターよりデビュー。ライブ中心の活動が続いた。
10 月 9 日に行った新宿ロフトでのライブを最後に諸星、深沢が脱退。4 人で再出 発する。

1983 年 :
プライベート・オフィス、Ø-con-nection が本格的に始動。4 月よりシリーズ・ギ グ「アフロカビリー・ライブ」を開始。9 月 25 日、レコーディングに 1 年半を費 やしたアルバム『INSTANT LOVE』発売。ビクターからジャパン・レコード(現・ 徳間ジャパン)に移籍。

1984 年 :
ファンクラブ「FUNKLOVE」を作る。この頃、新宿ロフトはいつも酸欠状態で、 ライブ継続が困難となっていた。3 月 31 日に新宿ロフトのファイナルとなる「す べてはけじめをつけてから」とタイトルを冠した「BEAT EMOTION」ツアーをス タート。5 月 31 日には渋谷 Live inn の記録を作る 800 人以上を動員。業界の噂と なる中、10 月 7 日氷室の誕生日にユイ音楽工房と契約することを決める。これよ りレコード会社は東芝 EMI。

1985 年:
佐久間正英プロデュースのもと、ベルリンにて 3rd アルバム『BOØWY』のレコー ディングを開始。帰りにロンドンの「マーキー・クラブ」にて初の海外ライブを行 った。
1st シングル『ホンキー・トンキー・クレイジー』を 6 月 1 日に発売した後、同月 21 日、『BOØWY』を発売。渋谷公会堂をソールドアウトする(6 月 25 日)など、 ますます注目を集める中、8 月 2 日、2nd シングル(12 インチ)『BAD FEELING』 を発売。9 月 6 日名古屋芸術創造センターより、「BOØWY’S BE AMBITIOUS」ツ アー・スタート。

1986 年 :
2 月 1 日、3rd シングル『わがままジュリエット』発売。3 月 1 日には前年よりレ コーディングを始めていた 4th アルバム『JUST A HERO』を発売(布袋寅泰プロ デュース、佐久間正英アドバイザー)。3 月 24 日より、青山スパイラルホールから 「JUST A HERO」ツアーがスタートした他、6 月 1 日の新宿ロフト 10 周年記念 コンサートのトリを務めるなど、精力的なライブ活動を展開した。そしてついに 7 月 2 日には、初の日本武道館ライブを行う事となり、そのチケットは 3 時間で完 売。「ライブハウス武道館へようこそ」の MC で一躍有名となったこの武道館のラ イブアルバム『“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986』は 8 月 22 日に発売され、限 定 10 万枚は即日ソールドアウトとなった。

9 月 29 日、4th シングル『B・BLUE』発売、11 月 8 日、5th アルバム『BEAT EMOTION』発売、オリコン初登場1位を獲得(3 週連続 1 位)、名実ともにトッ プに上り詰めた。
11 月 11 日、「BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS」ツアー・スタート。

1987 年 :
2 月 24 日、日本武道館にて「BOØWY ROCK’N ROLL CIRCUS」ツアー終了。 4 月 6 日、5th シングル『ONLY YOU』発売(オリコン初登場 4 位)
7 月 22 日、6th シングル『MARIONETTE』発売(オリコン初登場 1 位)
7 月 31 日(神戸ワールド記念ホール)、8 月 7 日(横浜文化体育館)の 2 日間、ア ンコールを含めデビューからの 39 曲を4時間ぶっ通しで演奏するという前代未聞 のライブ「CASE OF BOØWY」を敢行。
9 月 5 日、6th アルバム『PSYCHOPATH』発売(オリコン初登場1位)
9 月 16 日、宇都宮文化会館より「ROCK’N’ROLL REVIEW DR.FEELMAN’S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR」スタート
10 月 5 日、ビデオ『“GIGS”CASE OF BOØWY1~4』発売
10 月 26 日、7th シングル『季節が君だけを変える』発売(オリコン初登場 4 位) 12 月 24 日、渋谷公会堂、アンコール最後の曲「DREAMIN’」で氷室が解散宣言。 BOØWY の歴史はここで幕を閉じる。
翌 12 月 25 日、主要新聞にメンバーのメッセージが掲載された。「1987・12・24 BOØWY 解散 4人でしか探せなかったモノ。自分達で有り続ける事へのこだわ り。今度はひとりひとりで有り続ける事にこだわる為に BOØWY は昨日のクリス マス・イヴを選びました。最後の GIGS は必ず来年プレゼントします」

1988 年 :
2 月 3 日 1st アルバム『MORAL』をリマスタリング、未収録 3 曲を加えた『MORAL +3』、12 インチシングル『DAKARA』発売(ビクターより)
4 月 4 日&5 日、完成直後の東京ドームで「LAST GIGS」を行った。2 日分の 10 万枚のチケットは 10 分でソールドアウトし、電話回線はパンク。氷室の「俺たち は、まだまだ伝説なんかになんねぇぞ!」の言葉を残し、最後のライブは幕を閉じ た。
5 月 3 日、7th アルバム『LAST GIGS』発売、100 万枚を突破。
12 月 24 日、シングル・コレクション・アルバム『SINGLES』発売

1990 年:
8 月 8 日、オーケストラによる BOØWY ナンバーのインスト・アルバム 『ORCHESTRATION』発売

1991 年 :
12 月 24 日、10 枚組み CD ボックスセット『BOØWY COMPLETE』、ビデオ 『SINGLES OF BOØWY』発売

1998 年:
2 月 25 日、初のベストアルバム『THIS BOØWY』発売(初登場 1 位/累計 217 万枚)

2001 年 :
10 月 27 日、バンド結成 20 周年を期に、『LAST GIGS』のビデオ/DVD をリリ ース。
続いて 11 月 28 日、2 枚組みライブアルバム『“GIGS”CASE OF BOØWY』、DVD 『“GIGS”CASE OF BOØWY vol.1/2』、DVD『SINGLES OF BOØWY』発売 12 月 24 日、87 年 12 月 24 日に渋谷公会堂で行われた解散宣言コンサートのビデ オ/DVD『1224』発売

2004 年 :
1986 年から 1987 年にかけて行われた、BOØWY 史上最高のパフォーマンスと評 されるツアー「ROCK’N ROLL CIRCUS」の模様が、DVD&CD『GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR 1986.11.11 縲鰀 1987.2.24』として蘇った。

2007 年 :
解散 20 年。ベストアルバム『THIS BOØWY DRASTIC』『DRAMATIC』の 2 タ イトルを 9 月 5 日に同時発売。そして 12 月 24 日には、3 枚組 CD『“GIGS”CASE OF BOØWY COMPLETE』をリリースし、歴史的なこのライブが遂にコンプリー ト。さらには同日、貴重な映像を多数含む 8 枚組 DVD-BOX『“GIGS”BOX』をリ リース。


2008 年 :
あの東京ドームから 20 年となる 4 月 5 日、DVD と 2 枚組 CD『LAST GIGS COMPLETE』が同時発売。セットリスト 23 曲がコンプリートされた。

2012 年 :
デビュー30 年、解散宣言から 25 年となる 12 月 24 日、新たに発掘された未発表 映像を含む、BOØWY 初のブルーレイ 6 枚組ボックス『BOØWY Blu-ray COMPLETE』発売。未発表は、1986 年 12 月 10 日の武道館、「BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS」の完全版。また、同時に、過去リリースされた CD11 タ イトル(ビクター、徳間、EMI の 3 社合計)を Blu-spec CD で高音質リイシュー。 (※注『MORAL』のみ SHM-CD)さらに、1986 年初の武道館の模様を収録した マルチテープが発掘され、これを新たにトラック・ダウンして、元々リリースされ ていた『GIGS JUST A HERO TOUR 1986』に収録されていなかった 7 曲が加わ り、あの日武道館で鳴っていた「4 人だけの音」を完全再現し全曲収録した『GIGS JUST A HERO TOUR 1986 NAKED』を Blu-spec CD2 にて発売。

BOØWY 公式 HP :boowy35th.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】