【ライブレポート】レキシがビクターロック祭りに出演!フロア全体を稲穂で埋め尽くしネタの絶えないステージを創り上げる!

2017.03.23 公開

photo:Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)


3月18日、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント企画制作のロックフェス『ビクターロック祭り2017』が幕張メッセで開催され、レキシが出演した。



ビクターを愛してやまないと言っているかのように、入場者に配られたビクターロック祭りのキャラクターのお面を頭部に装着して登場したレキシ。そして、観客を見渡すと無数の”稲穂”が・・・。

レキシ独特の、日本史をテーマにした何が飛んでくるか分からないショーは『狩りから稲作へ』からスタートした。「1曲目から稲穂を振るんですよ! 」と、スタート早々フロアは稲穂で揺られ、レキシワールドを展開していく。

途中の「アドリブで人の曲になるコーナー」では新ネタとしてブルゾンちえみの芸を披露するなど、笑い所も満載な一曲であった。



2曲目に入るところで、「ちょっとイルカ取ってくる」と袖にはけ、イルカタイツ姿をした、キュウソネコカミのヤマサキセイヤの手を引いて登場!本日同ステージで出演を果たしていたキュウソネコカミとのコラボ曲『KMTR645』を披露した。サビの「キュッキュッキュー!」の振り付けの所では、フロア全体がイルカになりきったかの様な一体感のあるシーンを創り上げる。

ラストの3曲目の前に、4月26日にリリースされるニューシングル『KATOKU』の告知をするも、「その曲はやりません!今からやる曲をそのCDのカップリングに収録する!」と発表し、『きらきら武士』を演奏、盛り上がるオーディエンスの声も含めて録音した。

ところどころネタの絶えない、NGスレスレな場面も見せつつもユーモア溢れるステージで観客を魅了し、今回も縦横無尽にやりきったレキシ。また日本のロックシーンに新たな伝説が刻まれたと言っていい、”稲穂”パフォーマンスであった。

(取材/文:中谷憲都)



3月18日 ビクターロック祭り2017 BARK STAGE
レキシセットリスト

M1.狩りから稲作へ
M2.KMTR645
M3.きらきら武士

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』