第9回CDショップ大賞2017大賞は 宇多田ヒカル『Fantome』に決定!準大賞には、Aimer『daydream』が選出!

2017.03.17 公開


全日本CDショップ店員組合は、本日14時からCDショップ大賞実行委員会 (実行委員長:松崎 直樹/TOWER RECORDS 商品部 販売促進統括部)が実施する『第9回CDショップ大賞2017』の授賞式を東京・Future SEVEN にて開催し、宇多田ヒカルの『Fantome』を大賞受賞作品として選出した。

なお、ご本人はスケジュールの都合により授賞式には出席しなかったが、ビデオコメントを通じて大賞受賞の喜びを伝えた。



第9回CDショップ大賞2017大賞は 宇多田ヒカル『Fantome』に決定!準大賞には、Aimer『daydream』が選出!
また、準大賞にはAimerの『daydream』が選出。会場に登場したAimerは実行委員会より準大賞の盾を受け取ると、受賞の喜びを語り、 受賞作となったアルバムにも収録されている「蝶々結び」を披露した。

その他の部門賞7部門は、洋楽賞にBRUNO MARS『24K MAGIC』、マエストロ賞に松任谷由実『宇宙図書館』、ライヴ作品賞にTHE YELLOW MONKEYの 『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-』、クラシック賞に反田恭平『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲』、ジャズ賞にWONK『Sphere』、 演歌賞に山内惠介『流転の波止場』リビジテッド賞にASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ』、更に今年は特別賞としてHi-STANDARD『ANOTHER STARTING LINE』が、 そして特別功労賞にSMAP『SMAP 25 YEARS』がそれぞれ選出された。

【大賞作品】
宇多田ヒカル 『Fantôme』
TYCT-60101
定価\3,000(税抜)
1. 道
2. 俺の彼女
3. 花束を君に
4. 二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎
5. 人魚
6. ともだち with 小袋成彬
7. 真夏の通り雨
8. 荒野の狼
9. 忘却 featuring KOHH
10. 人生最高の日
11. 桜流し

宇多田ヒカルは 1983 年1月19日生まれのシンガー・ソングライター。1998年12月9日にリリースされたデビューシングル 『Automatic/time will tell』でダブルミリオンセールスを記録し、15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。

その数か月後にリリースされたファース トアルバム『First Love』は CD セールス日本記録を樹立、今もなおその記録は破られていない。その後も、リリースしたアルバムはすべてチャート 1 位を獲得したほか、2007 年にはシングル 『Flavor Of Life』で ダウンロード世界記録を樹立。

2010 年に「人間活動」を宣言して一時 活動休止期間に入ったが、2016年4月に配信シングル『花束を君に』、 『真夏の通り雨』のリリ ースによってアーティスト活動を本格始動。

第9回CDショップ大賞2017大賞は 宇多田ヒカル『Fantome』に決定!準大賞には、Aimer『daydream』が選出!
8 年ぶりのオリジナル・フルアルバムとなった『Fantôme』は、初登場から4週連続でオリコン週間アルバムランキング No.1を獲得したほか、発売日翌日9月29日のiTunesアルバム総合ランキングで全米3位を記録するなど、日本国内にとどまらない反響を巻き起こした。

宇多田ヒカル『Fantôme』を選出したCDショップ店員たちは、「今回の選出されたCDはどれもレベルの高い作品ばかりでしたが、宇多田ヒカルさんの作品は群を抜いており、いろんな世代の方々に認められる本当に良い作品だと思っております。 宇多田ヒカルさんが少しずつ成長を繰り返し大人になったその過程を一冊のアルバムのように綴った何年経っても色褪せない名作と言えるのではないでしょうか。」

「店頭演奏で幾度となく、100 回以上は繰り返し流しましたが、それでもまだ飽きませんでした。聴き心地の良さと、 アルバムを通して変わり続ける雰囲気の波 は素晴らしいと思います。」

「楽曲のギミック含めさすがとうならせる仕掛けが満載。毎回驚きを与えてくれる宇多田ヒカルらしく後世に残したいような一枚となっています。」

「この作品以外、 深くのめりこめる作品は無かった。キャッチー且つ繊細な楽曲。これぞ J-POP の神髄であるメロ ディのネクストレヴェルを見た。」/

「これほど CD ショップ大賞の主旨(ネクストブレイク)について 悩み抜いた年は無かった。けれどやはり宇多田ヒカルの新作はコレからのシーンにおいて抜きん出た先進性と圧倒的な存在感、そして音像感を魅せつけてくれた。 何より選んだのは【次作 はもっと凄いものになりそう】という 確信をくれたことへの賛辞の証なのです。」と、今作品を絶賛している。



【準大賞】
Aimer 『daydream』
SECL-1987
定価\2,778(税抜)
<通常盤>
1. insane dream
2. ninelie with chelly (EGOIST)
3. twoface
4. Higher Ground
5. for ロンリー with 阿部真央
6. 蝶々結び
7. カタオモイ
8. Hz
9. 声色
10.closer
11. Falling Alone
12. us
13. Stars in the rain

Aimer(エメ)は 2011 年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビューした女性シンガー。 15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で、突如声が出なくなるアクシデントに見舞われる。止む無く音楽活動を休止するも、 数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとに。
2012年10月にリリースされた 1stアルバム「Sleepless Nights」は第 5回CDショップ大賞2013にもノミネート。2015年にリリースされたシングル『Brave Shine』はオリコン週間4位、iTunesでは 総合シングルチャート 1 位を記録したほか、香港、シンガポール、インドネシア、タイなどでも配信 チャート 1 位を獲得するなど、その人気はアジア各国へも拡がっていった。



第9回CDショップ大賞2017大賞は 宇多田ヒカル『Fantome』に決定!準大賞には、Aimer『daydream』が選出!

2016年9月には野田洋次郎(RADWIMPS)、Taka(ONE OK ROCK)、TK(凛として時雨)、スキマ スイッチ、内澤崇仁(androp) らアーティスト陣が参加し、今回準大賞に選出された『daydream』を リリースし、自身最高となるオリコン週間 2 位にも輝いた。
そして今年5月3日には初のベストアルバム『blacc』、『noir』の2枚同時リリース、8月29日には、 初の武道館ワンマンライブが控えるなど、今後もさらなる活躍が期待されている。

Aimer『daydream』に投票したCDショップ店員たちは、「儚さと力強さ、両極端である2つを感じ取れる不思議な歌声が、色んなアプローチで聴き手に訴えかけてくる。 各楽曲の完成度もさることながら、あれだけ様々なタイプの曲を歌い上げた表現力には鳥肌が立ちました。胸が震える、素晴らしいアルバムです。」 /「彼女の支持層をグンと広げた一枚であることは間違いない。店舗で 働いていて『この曲歌っているの誰ですか?』の問い合わせを こんなに受けたのは久々でした。 様々なジャンルの参加アーティストの力と、本来 Aimer が持っている才能、魅力が相乗効果を成し、 新しい彼女を作った傑作。聴かないなんて勿体ない。」/

「最初に Aimer の音楽を聴いた時、 イノセントな歌声と、それを際立たせる微かに残るあどけなさに似た何かの言い表しようがない魅力に、これからの時代を担っていく新たな才能が出現したことを確信しました。第一線で活躍する様々なアーティストが参加した本作は、 真っ白なキャンバスが多様な色で彩られていくようで、良質な絵画を鑑賞した時のような視覚的な喜びも感じます。自分の語彙力の乏しさがもどかしく感じるほどの唯一無二の個性。百聞は一聴に如かず、ぜひ聴いてみてください。」と絶賛した。

準大賞を受賞したAimerは、店頭配布用のフリーペーパー「組合報」の誌面にて、 「ありがとうございます。数えきれないほどのリリース作品の中から準大賞に選んでいただけたことを光栄に思います。 これからもかわらず大切に音楽を創っていきたいなと、改めて思いました。」と準大賞 受賞のコメントを語った。


【全日本CDショップ店員組合について】
全日本CDショップ店員組合は、「CDショップの現場から音楽を盛り上げていきたい。」「CDショップ店員ひとりひとりの情報発信力を高めたい。」 そんな想いを持つCDショップ店員有志を中心にはじまったプロジェクト。
現役のCDショップ店員を中心に運営され、今回のプロジェクトの趣旨に 賛同した編集、クリエイティブ、PR、WEB制作などのサポートスタッフによって支えられている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』