家入レオから全ての世代の人の心に力強く響くメッセージ! 第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌「それぞれの明日へ」11月29日より配信開始!

2016.11.21 公開

先日17日(木)放送の音楽特番・読売テレビ系/日本テレビ系全国ネット「ベストヒット歌謡祭2016」に生出演し、最新アルバム「WE」に収録されている12thシングル「僕たちの未来」(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌)を力強く歌い上げ、今月29日(火)には日本テレビ系全国ネット「ベストアーティスト2016」に初出演することが発表されたばかりの家入レオ。

現在開催中の全国ツアー“5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜”も既に19本目となった地元公演が19日(土)に行われ、福岡サンパレスホテル&ホールに集まった2,300人満員御礼のファンを前に圧巻のパフォーマンスを披露した。

「福岡ただいま〜!」と地元ならではの第一声でスタートした今回の公演には、熊本で撮影された「僕たちの未来」のミュージックビデオに出演してくれた子供たち6人も観覧参戦。終演後には子供たちから寄せ書きをプレゼントされ、「みんな大きくなったね!」とミュージックビデオ撮影以来の再会に感激する場面も。

初の全ホールツアーとして9月17日(土)にスタートした全国ツアー“5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜”は東京国際フォーラム ホールAで行われる12月10日(土)の東京公演でいよいよファイナルを迎える。

そんな家入は現在、第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌を担当。

今年の全国高校サッカー選手権大会では、応援リーダーにイングランド・プレミアリーグで活躍する岡崎慎司選手(レスターシティ)が、応援マネージャーには映画・ドラマ・CMなどで活躍中の高校2年生・大友花恋さんが就任しており、20日(日)までに地区大会決勝戦がすべて終了。今日21日(土)には地区大会を勝ち抜いた代表校による全国大会の組み合わせ抽選会がいよいよ行われる。

家入が歌う第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌となっている新曲「それぞれの明日へ」は作詞を家入レオが担当し、作曲に多保孝一、編曲に本間昭光、というタッグで制作。”例え 今泣き叫んでも 夢を描いて それぞれの未来へ 羽ばたいて行け” ー そんなサビの歌詞が印象的な、サッカーに打ち込む高校生はもちろん、全てのティーン、全ての世代の人の心に力強く響く応援歌となっており、11月29日(火)からiTunes、レコチョクほか主要サイトにて配信されることが決定したので、是非チェックしてほしい!

12月30日から決勝大会がスタート、年明け1月9日が決勝戦となる。真冬に熱戦を繰り広げる高校生たちを応援歌と共に盛り上げよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』