【ライブレポート】キュウソネコカミが、テレビ朝日ドリームフェスティバルでaikoの『カブトムシ』を熱唱!カブトムシ姿で カメハメ波!

2015.11.26 公開

今年で5回目の開催となる『テレビ朝日ドリームフェスティバル 2015』が11月21日、22日、23日の3日間、国立代々木競技場第一体育館で開催された。

最終日に登場したのは、個性的なパフォーマンスに定評のある、キュウソネコカミ。

キュウソネコカミのライブといえば、本気のリハーサルも名物。

今回もリハの最中、シンセ&ボーカルのヨコタから「じゃあ一回、ちょっと音出し兼ねてやっちゃっていいですかー?」の一声で、異色のオリジナル曲『伝統芸能』がスタート。



スパンコールの真っ赤なジャケットを着たギター&ボーカルのヤマサキが、客席へと伸びる花道を演歌調のサビを歌いながら歩くパフォーマンスで、本番前から会場の注目をさらっていた。

そしていよいよ本番。

『MEGA SHAKE IT!』『ファントムヴァイブレーション』と一気に駆け抜け、10月に発売されたばかりのニューアルバムからの『ビーフ or チキン』では、ヤマサキが片足立ちのステップでセンターステージに飛び出して歌いつつも、次の『ハッピーポンコツ』までしっかりと正統派バンドサウンドを軸としたパフォーマンスを披露した。

 

1 2 3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』