【ライブレポート】凛として時雨がテレビ朝日ドリームフェスティバル 2015に登場!「X JAPANに憧れてドラムを始めたんです」

2015.11.26 公開

今年で5回目の開催となる『テレビ朝日ドリームフェスティバル 2015』が11月21日、22日、23日の3日間、国立代々木競技場第一体育館で開催された。

最終日に登場したのは、男女ツインボーカルの3ピースロックバンド、凛として時雨。



着信音にノイズが入り混じったようないつものオープニングサウンドにあわせ、メンバーがゆっくりと登場すると、今年リリースされた新曲『Who What Who What』の怒涛のイントロがスタート。

凛として時雨はギターのTK、ベースの345、そしてドラムのピエール中野によるシンプルな3ピースバンドでありながらも、3人だけで生み出しているとは思えないほどの分厚くハードなサウンドが持ち味。

初めて彼らを目にするオーディエンスはただただ圧倒されたことだろう。

 

1曲目が終わると間髪入れずに次の『I was music』へ展開。

必要最低限の照明だけで演出されたダークなステージで、TKと345が交互にハイトーンボイスでシャウトする様子は、今回出場している他アーティストのパフォーマンスとは異なり、その姿は幻想的ですらある。

 

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』