日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)

2017.02.03 公開


2017年4月から地上波レギュラー番組の放送、同じく4月に1年ぶりのシングルリリース、野外ワンマンライブ3連戦が決定し、飛ぶ鳥を落とす勢いのベイビーレイズJAPAN(通称:ベビレ)。WWSチャンネルではベイビーレイズJAPANのメンバー、大矢梨華子・傳谷英里香・林愛夏・高見奈央・渡邊璃生の5名それぞれにインタビューを行った。

4月9日、日比谷野外音楽堂にて野外ワンマンライブ初戦を迎えるにあたり、更に2017年の目標について熱く語ってくれた。2部構成でインタビューをお届けする。


■後編:大矢梨華子と高見奈が新成人を迎えてのコメント。および2017年のグループ目標


【高見奈央 インタビュー】

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.メンバー間で仲が良さそうな印象ですが、メンバー仲を保つ秘訣はありますか?

A.えーなんだろう!意外と「ベタベタしない」っていうのが秘訣かもしれないですね。この間もみんなでディズニーに行ったんですけど、それも約束して行った訳ではなくて。りおとんが1人で行くって言うから、「あ、じゃあ私も行く」って感じで気づいたら全員で行くことになっていました(笑)みんなサバサバしているからかな?メンバー間で、まだ喧嘩したこともないんですよね。平和です(笑)

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.今年新成人の年齢ですが、成人を迎えてみて気持ちは変わりましたか?

A.気持ちは全然変わらないですね!でも、年金を払わなきゃいけなくなったことがきっかけで、自分の足で立って行かなきゃいけないな、と思いましたね。目標に向かって、一歩一歩近づきつつ、徐々に大人になりたいです。


【大矢梨華子 インタビュー】

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.2016年は海外進出やアルバムリリースなど精力的に活動されていましたが、2017年のグループの目標は何ですか?

A.3連戦の野外ワンマンライブを成功させることですね。ファンの皆さんを絶対に楽しませたいですし、チケットもSOLDOUTさせたいです。ベイビーレイズJAPANは、ライブをやるときに、自分たちの歌やダンス、パフォーマンスで「何かを伝える」ことを心がけています。ライブに来てくださった方には、何かを持って帰って欲しいと思いながらいつもライブをしています。野外は、ライブハウスよりも開放的なので、「ファー!!」って声も飛んで行っちゃうように(笑)気持ちが伝わりにくいかもしれないので、いつもより心がけて、皆さんに何かを伝えられるような3連戦ワンマンにしたいなと思います!

Q.昨年の「閃光Believer」以来約1年振りのシングルリリースですが、1年間で何か変化はありましたか?

A.20歳になったことです!お酒が飲めるようになったこと位で、特に変わったことはないんですけど(笑)去年の20歳の生誕ライブの時に、滋賀県から両親が来てくれたこともあり、初めてファンの方の前でうれし涙を流しました。今までは、ファンの皆さんの前でそこまで感情をあらわにすることが無かったので、逆に心が少しずつ成長したおかげで、恥ずかしがらなくなったり、度胸がついたのかなと思いました!

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.Instagramで「写ルンです」など、フィルムカメラで撮った写真を更新していますが、マイブームなんですか?

A.そうなんです!最近はフィルムカメラを現像に出すとCD-Rが貰えて、そのままSNSに載せられるので良く載せています。インスタやアプリでする加工とは少し違う味が出るんです。最近チェキも買って、家中にチェキを飾ったりしてます(笑)あとは、最近iPhoneの普通の外カメラで、フラッシュたいて写真を撮るのも流行っているので、是非皆さんにやってみてほしいです!盛れます!


【林愛夏 インタビュー】

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.2016年は海外進出やアルバムリリースなど精力的に活動されていましたが、2017年のグループの目標は何ですか?

A.毎年1番の軸としては、紅白出場を目標としています。その為に、日頃のライブで固めた基盤を基に、アイドルが好きな方の前でも、そうでない方の前でもライブを披露して、ベイビーレイズJAPANをたくさんの方に知ってもらえるような年にしたいです。「今年ベビレ紅白行けるんじゃない?」って言われるような2017年にしたいです!

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.ベイビーレイズJAPANの絶対的センターである林さんから見た、センター目線での今年の目標はなんですか?

A.ベイビーレイズJAPANのメンバーは本当に個性が強いので、今年は写真や映像など様々なツールを通して、個々をもっと知ってもらいたいです!みんな、可愛かったり、かっこよかったり、面白かったり、変態です(笑)


【渡邊璃生 インタビュー】


日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.2016年は海外進出やアルバムリリースなど精力的に活動されていましたが、2017年のグループの目標は何ですか?

A.2016年はたくさん色んなことに挑戦したので、今年も色々なことに挑戦したいです。また海外に行きたいです!ファンの方も、日本の方とは文化が違っていたり、色々なことが新鮮で楽しかったです。行けるのであれば、個人的にはイタリアやギリシャに行ってみたいですね。お料理が好きだったり、街の景色も好きなので、本物を見てみたいという気持ちがあります。グループとしては・・・ロスとか?(笑)多分みんな、行けるのであれば大きく!と思っていると思います。

Q.昨年の「閃光Believer」以来約1年振りのシングルリリースですが、1年間で何か変化はありましたか?

A.「ベビレは変わらないね」と良い意味で言われることもありますし、「成長したね!」と言ってもらえることもあるので、見る人に寄るのかと思いますが、根本的な部分は変わらずに芯を持っていると思います!

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.おすすめの漫画やゲームはありますか?

A.お正月には「ペルソナ5」というゲームを毎日やっていました。「ペルソナ5」のおかげで、生活が程よい程度に楽しいです(笑)漫画は、マイナージャンルの物が好きです。グロホラ系(グロテスク&ホラー系)が好きで・・・普通の漫画よりも、平べったい大きな本なんですけど『ドロヘドロ』とか、漫画好きの中でもマイナージャンルが好きな人にとってはたまらない!みたいな作品が好きです。


【傳谷英里香 インタビュー】

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.2016年は海外進出やアルバムリリースなど精力的に活動されていましたが、2017年のグループの目標は何ですか?

A.野外3連戦のライブを成功することも勿論ですし、チケットも出来るだけ早いSOLDOUTを目指して、たくさんの方に「求めてもらえる」ようなグループになれるように頑張りたいです。昨年よりは、どうしてもライブの本数が減ってしまうと思うので、1つ1つのライブに細かいこだわりを持ちたいと思っています!

Q.昨年の「閃光Believer」以来約1年振りのシングルリリースですが、1年間で何か変化はありましたか?

A.この1年間で、メンバーはみんな歌声が変わりました!CD音源は、CD音源の、ライブはライブならではの良さがあると思うんですけど、今後もっとレコーディングにも高い目標をもってかんばっていきたいです。

日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)
Q.Instagramのフォロワー9000人を超えるなど、活動が目覚ましいですが、インスタ更新時に心がけていることは何ですか?

A.Twitterでは、ファンの方が喜んでくれるので自分の写真を多く載せているのですが、実は自撮りが苦手なんです(笑)でも皆さんが喜んでくれるのが1番嬉しいので、Twitterは顔の写真を多めに更新をしています。インスタは、あまり顔の写った写真は載せていないですね。ファッションのことだったり、あとは趣味のカフェ巡りに関する写真を多く載せています!


日比谷野音・地上波レギュラー番組・新シングル!勢いが止まらないベイビーレイズJAPANにインタビュー!(後編)

 

■関連リンク
ベイビーレイズJAPANにインタビュー!(前編):http://www.wws-channel.com/interview2/27356.html
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』