【動画】失恋ソングの第一人者 奥華子にインタビュー!「ヒット曲を出して、将来はスナック華で歌いたい(笑)」

2016.10.25 公開

10月8日、増上寺にて『ポニーキャニオン創立50周年記念スペシャル・アニバーサリー ・ステージ』が行われ、奥華子が登場した。

奥華子はライブ出演後にWWSチャンネルのインタビューに応じ、イベントへの感想や今後の目標を語ってくれた。

 
出演:奥華子
Q.ポニーキャニオン創立50周年記念ステージはいかがでしたか?

奥華子:ポニーキャニオン50周年ということで本当に色々なイベントがあるんですけどその中の一つ、増上寺さんでライブという事で、お線香の香りの中でやらせてもらう凄く特別な感じがしました。あと1曲ポニーキャニオンから出ていたヒット曲を歌うという事で、普段は歌わない曲を歌わせてもらったり、そして色々なアーティストの方が出ているので、その方のファンの方にも見てもらえたり、とても特別な1日になりました。

Q.『思い出になれ』はどんな曲に仕上がっているか聞かせてください。
奥華子:男性目線の失恋ソングなんですけど本当にちょっと歌詞は切ないんだけども曲調は爽やかで今までの奥華子には珍しい、そんな失恋ソングのなったんじゃないかなと思います。
 【動画】失恋ソングの第一人者 奥華子にインタビュー!「ヒット曲を出して、将来はスナック華子で歌いたい(笑)」
Q.『愛という宝物』はどんな曲に仕上がっているか聞かせてください。
奥華子:この曲は今日も歌ったんですけどライブで皆で(手を振って)「I LOVE YOU」って、のれるようなような凄くハッピーな、どストレートなラブソングになっているので、これからもライブの定番にしたい曲ですね。
Q.作詞、作曲などをする時はどんな時にアイデアが浮かぶ事が多いですか?
奥華子:やっぱり思う事はストレスがたまった時とか何か吐き出したい時が一番曲が出来るなっていうのは昔から思うんですけど。ただ、なかなかそんなにポンポン出来ないので曲が出来ない時は商店街をウロウロしながら、人を観察ながら、喫茶店を何件も回りながら歌詞を考えている事が多いですね。

Q.これから文化祭の時期となり学校でライブをする事が増えると思いますが普段のステージと違う点はありますか?
奥華子:初めて奥華子を知って くれる方が多いのでファンの方も多いじゃないですか。なので解りやすい曲だったり、あとはその日だけの曲を作ろうと思って即興ソングで皆からお題をもらって、「最近彼氏と別れた」とか「文化祭で踊ったよ」とか10人くらいに聴いてですね、それをその場ですぐ1曲にして、その学校の皆と一緒に作るってことをやってライブ感を出しています。
Q.今後の目標や挑戦してみたい事があったら教えてください。
奥華子:今日もポニーキャニオン50周年ライブで歌わせてもらって改めて思ったんですけど、私もポニーキャニオンさんの中に自分の足跡を残せるようなヒット曲を、誰もが知っている曲を作りたいという事を更に強く思いました。で、後に「スナック 華」っていう店を作ってですね、自分でお酒を飲みながら歌いながら、そういう余生を過ごしたいと思っております。
Q.最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。
奥華子:奥華子はポニーキャニオンで12年やらせてもらっていて、まだまだここから頑張っていきたいなと思っております。家には白い猫の「チロ」っていう猫がいますので、その猫のためにも頑張ろうと思っております。是非これからも応援宜しくお願いします。
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』